過去のヒット曲のほとんどのレコーディングではブルコメ五人の音プラス様々な楽器編成でアレンジされていることは皆さんもよくご存知と思います。もちろん五人のメンバーだけの音「マリナによせて」「青い彗星」などたくさんありますが、「ブルコメ・サウンド」とはアメリカンポップスと歌謡曲の接点、すなわちリズムはポップス、メロディーは哀愁があり覚えやすいサウンドです。
その後「ブルー・シャトウ」を筆頭にストリングス・オーケストラの入った数々のヒット曲が「ブルコメ・サウンド」と言われるようになったのです、そのころのほとんどのストリングス・アレンジは森岡賢一郎さんでした。
当時ストリングス・オーケストラと同時にレコーディングできるのは美空ひばりさんとブルコメしかいませんでした。
今回のアルバムも、私はその頃の「ブルコメ・サウンド」を懐かしんで頂ける多くのファンの為に「あの夏へ帰ろう」「BLUE COMETS FOREVER」そして「夢の続き」の三曲だけ豪華なストリングスをプラスしました。


メロディー作りで意識したのは井上大ちゃんの口癖「哀愁のただよう分かりやすいメロディー」でした。特に「BLUE COMETS FOREVER」「夢の続き」はスケッチしたメロディーをメンバーと杉村プロデューサーに聞いてもらうと「これぞ思い描いていたブルコメ・メロディー」と絶賛してくれました。


井上大ちゃんの残してくれた数々のヒット曲とともに、過去の栄光は私達ブルコメのメンバーにとって計りし得ない財産です、しかし過去の栄光にすがりついているだけでは生涯現役宣言もないでしょ!と、メンバーそしてスタッフ全員の思いで新曲アルバムに挑戦した次第です。
このアルバムがもちろん売れるにこしたことはありませんが、そんなことより、平均年令62才のブルコメが、あくまでも前向きに、今までコツコツ築き上げて来た、それぞれの音楽感性を披露できたことの価値観の方がこれから生きていく上で一番大切なことのように思っています。

また、HPのBBSでは忌憚のないご意見ありがとうございます。アルバムを聞いた多くの皆様の好評の言葉に、これから四人でブルコメ・サウンドを守っていける自信にもなりました。皆様の温かい応援に心から感謝しています。

2002年11月  
小田 啓義  

←Back CLOSE Next→


copyright © 2001-2003 Jackey Yoshikawa and his Blue Comets All Rights Reserved.